カテゴリ:クラブ活動レポート( 78 )

06年9月10日 AM海洋クラブ活動、PMガールスカウト

午前中の海洋クラブは、大会終了後でもあり遊び要素を取り入れ、中学生が鬼になり追いかける、カヌー鬼ごっこ、2組に分かれてのカヌージャンケン大会を行う。後半のバナナボートでのバランス訓練ではがぜん張り切るクラブ員。9月にはいったのでバナナボートもそろそろ乗りおさめかな。
c0074116_616148.jpg

午後は、掛川、袋井のガールスカウトのみなさんのカヌー体験。バデイーの掛け声もそろいさすがである。
c0074116_6281012.jpg

c0074116_630464.jpg

パドルの取り扱い、乗船、下船の方法は地上シュミレーションを実施。みなさん動きがいいいです。
c0074116_6285980.jpg

天気にも恵まれさわやかな風の中カヌー、ローボートで水上スポーツを存分に楽しんでもらえました。(松浦)(写キシン)
c0074116_6331431.jpg
c0074116_6334968.jpg

[PR]
by bgkakegawa | 2006-09-19 06:36 | クラブ活動レポート

06年9月3日(日)(午前9:00~12:00)海洋クラブ

今日は月に1度の大東マリーナでの活動。
競技会も終わり、今年のクラブの水上活動も残り3ヶ月になった。
今日は大東にはたくさんあるタンデムカヌー5本、ダブルスカル2本を繰り出すことにした。
いずれも前後2人の息の合わせが大事だ。
c0074116_23212950.jpg
タンデムカヌーは普段使用しているが、Wスカルは久々のお目見え。 まず洗艇からはじまった。ゴキブリの死骸もあったがナンノソノ。しっかり洗い流して気持ちよくなった。
Wスカルは今回初めてのクラブ員も多い。 乗り込み方、オールのクラッチへのセットの仕方、漕ぎ方(シートスライドを十分使うこと、あまり最後まで漕がないこと・・ハラキリをしないように)などを説明してイザ下架。
c0074116_23271570.jpg

タンデムカヌーは艇が長くなり、なかなか方向転換がしづらい。 方向転換が容易なシングルに慣っていると、向きが変わらないのはパートナーが悪いと思ってつい声が大きくなってしまう。 カヌーの進路方向は後ろの人がコントロールするのダ・・・・を学んで一応息があってきた。
息があってくれば、次はやはりレース。 きれいなスタート位置だ。(一艇がまだだが)
c0074116_2328669.jpg



c0074116_23361360.jpg休憩時間に座学をはさんだ。 テーマは潮汐。 シーマンシップとしてはずせないテーマだ。
潮の満ち引きは何で起こるか? 「月の引力」・・と正解のクラブ員あり。
c0074116_2340594.jpgでは、地球を上から見て、月の位置と干満の位置が正しいのはどちらか? これは図1が概正しい。
世の中には月の引力で引かれるので図2とが正解と思っている人がたくさんいてる。 某大学の論文で図2をもって説明している例もあれば、「大潮の日の昼は潮が引いているじゃない!・・・どうして?」・・・って気づいてブログに書いている人もある。
シーマンとしては常識として押さえておきたいところ。
他、干満の差が地域により異なること。(太平洋側は大きいが、日本海側は小さい。)
  干満の差は季節により異なること。(太陽、地球、月の整列具合による)
  汽水湖では潮の出入りが限られるので遅れる。(浜名湖では4時間ほど)
なども触れた。
月齢を知れば、その0.8倍が干潮時刻。 (満月の十五夜は12時が干潮)
機会があれば月齢や陰暦についても説明したい。

c0074116_1212564.jpgさて後半、タンデムやダブルスカルで菊川に繰り出す。 水門の下は風が巻き、まだ舵取りが甘い艇は進路が定まらず、堤防から糸をたれる釣り客に迷惑をかけてしまった。
c0074116_1215050.jpg
上流の150号線の橋脚を回って下り、あとはお遊びで活動を終了した。 カニです。↓c0074116_1233972.jpg





<報告HN>
[PR]
by bgkakegawa | 2006-09-03 23:34 | クラブ活動レポート

06年8月27日(日)(午後13:00~16:00)ヨット・カヌー教室

 ヨット・カヌー教室も今日で最終日となる(4回目)
宮崎指導員の下、柔軟体操を生徒とともに実施する。
今日は、12フイートセーリングディンギーを使っての活動、前回OPディンギーは乗っているので今回乗るヨットとの違いを実艇を見ながら説明する。
始めにスキッパーを指導員が行い、クルー2人が乗っての帆走を行う。
メインセール、ジブセール、メインシート、ジブシートの扱い方、舵の切り方等を説明しながらヨットを走らせ生徒に実感してもらう。次にスキッパーを生徒2人に交代でしてもらい、風の捉え方、風の見方を説明しながら艇を走らせる。休憩を挟んで後、生徒2人でスキッパー、クルーを交代しながらセーリングをする。まだセーリングを楽しむまではいかないが、まずまずのセーリングができるようになってほっとする。せーリングでの着艇も生徒だけで行い無事着艇、最後のヨット・カヌー教室の日程は無事終了した。終了後全員で後片付けを行い、最後に市からヨット・かヌー教室に参加した鈴木夫婦に記念品を贈呈し全日程を終了した。(T/M)
[PR]
by bgkakegawa | 2006-08-27 21:53 | クラブ活動レポート

06年8月27日(日)(午前9:00~12:00)海洋クラブ

 今日はクラブ員13名、指導員5名で活動。
永井指導員の下、充分なる準備体操を実施し、今日使用する機材を全員で準備する。
今日は県大会後の週なので前半はローボートの練習を、(大会の反省をしながら)、後半は低学年(小中学生)はバナナボートによる遊び、中高生は永井指導員の指導下でのセールボートの練習を行う、若い人はやっぱり上達が早く、20~30分くらいでボードに立って少しセーリングが出来るようになった。(T/M)
 
[PR]
by bgkakegawa | 2006-08-27 20:40 | クラブ活動レポート

06年8月20日(日)(午前9:00~12:00)ヨット・カヌー教室

 今日で体験教室も3回目となり生徒も少し水に慣れてきているようだ。
まず萩田指導員の下、柔軟体操を実施し身体をほぐす、今日の練習項目は、カヌー、ローボート、OPヨットとする。
3回目となるとカヌーにもなれまだ真直ぐには進むことが出来ないではいるが、スムーズにパドルさばきが出来るようになる。
ローボートは2人の呼吸をいかにあわせて漕ぐかで決まる、今回は夫婦の組み合わせなので問題はない。
OPヨットは事前に乗る前に指導員より、ヨットの艤装等の説明をし、指導員の帆走デモを見せる。
シートトリム、セールトリム、舵の操作を覚えてもらい生徒だけでの帆走をしてもらう、舟が池のどの位置にいるかにより風向は、陸上の地形をもろに受け風を捕らえるのに苦労する。
なんとかめまぐるしく変わる風の中OPヨットの練習も沈することなく今日のスケジュールは無事終了した。
最後に全員で後片付けを行い終了。(T/M)
[PR]
by bgkakegawa | 2006-08-20 21:33 | クラブ活動レポート

06年8月13日(午後13:00~16:00)ヨット・カヌー教室

 今日で教室も2回目、指導員5名の下で活動。
今日の活動内容はOPヨットで行う。
まず陸上で、舟を見ながらヨット各部の名称、艤装の方法、舵の操作の仕方、メインシートの操作方法を説明し覚えてもらう。
次は実際の水面上にヨットを浮かべての活動となる。
 
c0074116_21442276.jpg
OPヨットは元々小中学生のためのヨットなので大人が乗るにはとてもきゅうくつで苦労する、
大池は舟のいる位置によりだいぶ風向が違うため初心者は苦労していた。
クローズホールド、アビーム、ランニングでの舟の走らせ方を習得出来たか?
 ちなみに大池での夏の風向は、だいたい午前中は北東の風、午後になると南西の風に変わる。

c0074116_2145699.jpg
場所により山側、道路側の地形に影響を受け、風向が変わるので水面の波の変化を見ながら風がどこから来るのか風を読む必要がある。(T/M)(写キシン)
[PR]
by bgkakegawa | 2006-08-13 20:45 | クラブ活動レポート

06年8月13日(午前9:00~12:00)海洋クラブ

 今日はクラブ員9名と、指導員4名の活動で行う。
c0074116_21383362.jpg

県大会が21日に行われるのでカヌー・ローボート・OPヨットをだし、本番に向けてスタート練習、マーク回航、直線コースでの舵の切り方(コース修正の仕方)等本番に向けての練習を行った。
c0074116_21372861.jpg

 今年もよい結果が出るように、優勝目指して頑張ろう。(T/M)(写キシン)
[PR]
by bgkakegawa | 2006-08-13 20:40 | クラブ活動レポート

06年8月6日(日)(午前9:00~12:00)海洋クラブ

 今日の活動は大池で実施、クラブ員10名、田宮指導員以下5名の下に活動。
c0074116_21295969.jpg

カヌー・ローボートを使って、県大会のレースに向けて練習をする。
c0074116_2121165.jpg

夏休みに入っての初めての活動となったのでクラブ員の表情も普段と違うようだ?
c0074116_21292813.jpg

お休み中は、規則正しい生活をし、クラブ活動で精一杯頑張って、新学期には元気に学校に行けるように。(T/M)(写キシン)
[PR]
by bgkakegawa | 2006-08-06 20:34 | クラブ活動レポート

載りました(^^)

7月1日の広報かけがわ内の「掛川市スポーツ情報誌 元気はつらつ」にBGの活動内容が載りました。
c0074116_19473791.jpg
取材に来たたのは5月21日で、この日は風が強かったためOPヨットを主に活動していたと思います。

記者のおねえさんをOPに乗せて水辺に出たりして、大きく取り上げてもらおうかと思いましたが...

逆効果だったのかっ!?

他の記事(さんりーなetc...)と同程度のスペースで残念でした。

記者のおねえさん、今度は新掛川艇庫に取材に来てください!!m(_ _※)m













c0074116_195016.jpg



[PR]
by bgkakegawa | 2006-07-02 19:53 | クラブ活動レポート

06年6月25日

~祝!! 新掛川艇庫初クラブ活動~

待ちわびた新掛川艇庫での初練習は、残念ながらあいにくの曇り空。
c0074116_2071910.jpg

しかしクラブ員たちは天気など気にする様子も無く、新しい艇庫に興味心身で
旧掛川艇庫を知るクラブ員は「へぇ~きれいになったなぁ」「トイレも新しくしてほしかった~」などなど...さまざまな感想。
旧大東・新クラブ員は池の方に興味が行ったらしく、策に寄りかかって景色を楽しんで・・・いや、遊んでいた(笑)
楽しみ方はさまざまだが、クラブ員たちにはなかなか好評だったようだ。
c0074116_23514047.jpg

初めてと言う事と風も無かったので、今日はカヌーとローボートを出しました。
水位が低かったため、船を下ろすときにスロープが下がってしまい、すべりやすく大変でした。しかしそこは慣れているベテランクラブ員たちの協力により無事に下ろす事が出来ました。
大東のポンツーンと違いだいぶ狭いため、カヌーをポンツーンの上に置き溜めておくことが出来ずロープで牽引して水面に溜めることにしました。
c0074116_2033852.jpg

「そういえば、昔もそうやってたなぁ~」なんて自分も段々と思い出してきました。
c0074116_2353495.jpg
水位が低いため、救助艇もクレーンのブームをいっぱいのばしさらに積み上げられた石の段から足で蹴って何とか着水。片付けの時も同様に苦労しました。...

広くなった池で、ブイを三角形に配置し長距離レースになりました。クラブ員から「遠い~」など不満の声多々、それでも今までとは違う環境ということもありみんな楽しんでいました。
そのうちに、ポロカヌーが登場!!
c0074116_206720.jpg
旧大東・新クラブ員は今まで見た事の無いカヌーにビックリしている様子でした。初めて乗ったクラブ員は普通のカヌーとの操作性の違いにおっかなビックリでした。
カヌーポロの試合が出来るまでどれくらいかかるのか?少しばかり不安です(笑)

c0074116_23523589.jpgそうこうしてしる間に片付けの時間となりましたが、やはりスロープがきつくみんな足が濡れているため下ろすときより注意しました。
c0074116_235453100.jpg
初めて新掛川艇庫での活動は事故も無く終われましたが、問題点もたくさん見えてきました。
1・まずは、やはりスロープが水位が低いと角度が急になってしまい滑りやす事。2・ポンツーもバランスがまだ調整されて無いせいか、傾きがひどく落ちてしまいそうでした。3・また2つのポンツーを横に繋げてあるのですが、固定方法がロープだけなので隙間が開いてしまい危険でした。4・次に、石積みの段へ簡単に降りられてしまえる事。数人のクラブ員が降りて遊んでいて危険でした。5・さらにクレーンの池側の柵が無くロープ張りになっているためここも危険です。
6・散水栓も蛇口が合わずホースの取り付けが出来ませんでした。仕方なく北側の古い散水栓とホースを使用しましたが、やはり届かずにバケツリレーで水を船に掛けました。
改善箇所は次回活動までには、修正を終わってもらいたいと思います。c0074116_23561120.jpg

事故も無く時間どうりに終わることが出来たのでとりあえず、成功といった感じでした。 田
[PR]
by bgkakegawa | 2006-06-25 14:42 | クラブ活動レポート