カテゴリ:クラブ活動レポート( 78 )

2007年10月28日(日)海洋クラブ(大東)

 今日は朝から台風が過ぎ去って日本晴れ、絶好のマリン日和となった。
今年の大東での活動も今日が最終日、河合指導員の元、まずは準備体操、柔軟体操を行い体をほぐし準備を行う。
 
 体の準備出来たところでカヌーを出席者分出す。
今日は大潮で潮もよいので菊川の上流の橋まで思い思いに漕ぎ出す、低学年の子供たちも5月の入部した頃に比べると一段と逞しくなってきており頼もしい限りである。
 橋の袂で少し休憩し、河口の手前の砂丘に乗り上げ水遊びに興じる。 
今日は最終日なので早めに切り上げ舟をあげ艇庫内の清掃行う。
c0074116_2133521.jpg

 指導員は来月に舟の修理を行う為、艇の痛み状況不備なところを調べる、大東の舟はあちこちぶつけているので痛みがひどいようだ、みんな気をつけて舟に乗り大事にしよう。(T/M)
[PR]
by bgkakegawa | 2007-10-28 16:00 | クラブ活動レポート

2007年10月14日(日)(9:00~12:00)海洋クラブ(大池)

 10月も半ばとなり朝晩めっきり涼しくなって大池には早くも鴨が飛来してきた。
今日は兼子指導員の下、クラブ員10名の活動となる、あいにく朝から曇り空で風も無いため前回に続きポロカヌーを出しての練習を行う。
c0074116_22295876.jpg

 クラブ員10名の出席なので赤白5名ずつのチームに分かれて練習、まずはボールを使って前半はコースを漕艇及びパスの練習を行う、コートでは先月から製作していたもう1台のールポストを設置、休憩を挟んで後半は練習試合を田宮指導員の元で赤白艇のチームにに分かれ試合を行う。
c0074116_2229630.jpg

 池の水温もかなり低くなってきており沈するとかなり寒そう、これからの季節にはきつそうだ、
暖かい風呂がひつようか(施設の改修時には要望したい)?来年はもっと早い時期から出来るように準備しなければ・・・・


 子供達には結構ハードと見え途中脱落者が出る、この競技にあまり興味がないものもいるよう、これからはいろいろ考えて練習方法をする必要がありそうだ・・・・・

c0074116_22314751.jpg

最後はクラブ員と交代して指導員がポロカヌーで練習し、今日の活動を無事終了した。
                                                 (T/M)
[PR]
by bgkakegawa | 2007-10-14 21:41 | クラブ活動レポート

ネイチャーゲーム教室からのお礼と感想

9月16日の掛川子どもネイチャーゲーム教室によるマリンスポーツ体験の感想をいただきましたので、ここに掲載させていただきます。 たくさんの方に参加いただき、声もかれ気味でしたが、大変喜んでいただいた様子を多くの感想文でいただくと、また力が湧いてきます。
ありがとうございました。

以下、乗松様のメールの転載です。


やっと秋らしい気温を感じる季節となってきました。
9月16日は、掛川子どもネイチャーゲーム教室のカヌー体験会を開催して下さり、誠にありがとうございました。
遅くなりましたが、その日の記録をまとめましたので、ご覧いただければ幸いです。
カヌーは大人気でした。参加した大人の方にも好評で、よい体験をさせていただいたと感謝しています。

******************
1,日時 9月16日(日) 8:30~12:30
2,場所 B&G海洋センター~大池
3,参加者 児童32人 大人16人
4,スタッフ 松下・乗松 →指導はB&G海洋センター指導員 
5,内容
3グループ(ジャンケンで青グループが負けて、赤・黄・緑)に分かれて、3種類の体験をしました。

(1)カヌー
3種類の中で一番人気がありました。
一人乗りは2年生以上、2人乗りは1年生親子で乗りました。初めてという子が多かったのですが、思うように進まないながらも何とかがんばっていました。
1年生のMちゃんが都合で一人艇に乗ったのですが、時間になっても帰ってこれなくて、救助艇に連れてこられました。Mちゃん、シクシク……
「もうやりたくない!」なんて言わなければいいのですが……。
後で聞いたら「2人乗りならいい!」ほっとしました。

(2)ローボート
1艇に6~7人が乗りました。
班長「いーち!」
パドル「オー!エス!」
船長のかけ声に4人で、パドル役4人が呼吸を合わせてこぎます。舵も途中交代しながら楽しくやりました。

(3)カッター(9人くらいが一度に乗る)
一番大きな船です。

6、アンケートより
 とてもおもしろかった……27人
 おもしろかった……9人
 ふつう……1人
 どちらかというとおもしろくなかった……0人
 つまらなかった……0人

【感想】
・初体験のカヌーでは、最初バランスが取れなくて、ぐるぐる回ってしまったけど、慣れてきたら、風をきって進めて、とても気持ちよかったです。周りの風景や空を感じながら、乗れるようになりたいです。(母)
・私自身初めての体験で、わくわくドキドキしながらやらせてもらいました。来年もまたやって欲しいなと思います。(母)
・子どもになった気分で楽しかった。娘が1年で親なしだと一人でこぐのは難しかったと思います。(母)
・普通ではなかなかできない体験できないことを色々ありがとうございます。(父)
・初めて参加しました。子どもたちの楽しそうな顔が見られてとてもよかった。私自身初体験でとても楽しかったです。(父)
・カヌーがおもしろかったです。さいしょはおちそうでこわかったけど、のってみて楽しかったです。(2年女ほか多数)
・一番楽しかったのは、ローボートです。みんなでがんばってこいだり、かけ声を出して白いマーカーまで行っってもどってきました。(6年男)
・一番楽しかったのはカヌーです。こぐのが大変だったけど、とっても楽しかったです。またやりたいと思いました。(3年女)
・おぼれなくてよかった。がんばってやりました。(1年女)
・船長になったけど、方向とかけ声を考えなければいけなかったので、大変だった。(5年男)
・カヌーは何回かやったことがあったから、こわくなかったし、とても楽しかったです。やる時間が少なかったから、残念だった。(5年男)
・カヌーは方向てんかんがむずかしくて、終わりごろにやっと真っ直ぐ行きました。ローボートで船長気分で楽しかったです。また行きたいと思いました。(6年男)
・カヌーがあまり前に進まなかったけど、コツをつかめてきたら進んでよかったです。カッターはつかれました。ローボートが2~3回ぶつかって大変だったけど、楽しかったです。(6年女)
・カッターはみんなで合わせてやりました。上手にできなかったけど、よかったです。(5年女)
・……最後のそうじは、みんなで「わーー」といいながら楽しくふきました。今日はとてもいい運動になったと思いました。(6年男)
・一人のりがこわかった。でも楽しかった。来てから山にいって、るどるふにくりを2つもらいました。草むらがくすぐったかったです。(2年女)
・前より(去年も経験)上手にできてよかったです。カヌーが前に行くようになってよかった。(4年女)
・……ふくがぬれたけどたのしかった。(カヌーは)おとうさんがいなかったらできなかった(と思う)。(1年女)

【反省】
・実は天候不順のためやるかどうかは、微妙だったのです。実行できてよかった。でないと、「今年はカヌー教室なし」になるところでしたから。
・大人の目も多く、いつもとはちがう指導員だということもあり、比較的子どもたちは話をよく聞いていたように思います。
[PR]
by bgkakegawa | 2007-10-01 21:46 | クラブ活動レポート

2007年9月23日(日)海洋クラブ・カヌーポロ本格始動!!(?)

今日はなんとBG掛川にカヌーポロを教えていただくために、
わざわざ愛知県は三好町から先生3名が来て下さいました!!
去年の冬に視察に行った様子はココで


掛川の町はいかがでしょうか?
市民の自分が言うのもあれですが、なかなかイイ町ですよw

みんな今日はしっかり覚えて県代表を目指そうではありませんか!!(笑)

みんなが開始を待っていると、突然カヌーを積んだ車が入ってきて
クラブ員たちは「なにあのカヌー!?」とちょっと驚き気味。
見慣れないカヌーと人たちににクラブ員たちもどこか落ち着きの無い様子。

さぁ活動開始です!
まずは自己紹介。
今日半日ではありますが、カヌーポロを教えていただく先生方③名です。
みんな名前ちゃんと覚えたかな?たぶんダイジョウブだな!・・・たぶん。
c0074116_2129589.jpg


掛川艇庫にはポロ艇が赤白各⑤艇づつ。最大10人なので、
まずはバディの前列の人たちから、ポロ艇に乗船!
指導員やお父さんたちもせっかくの機会なのでクラブ員になったつもりで参加しました!!

まずは<ターン>の練習を・・・ってさっそく沈!
中には初めて乗る子も多いので、1人2人居るとは思ってましたが正直こんな早いとは・・・
嫌いになってしまうのかと思いきや、なんだか楽しそう。
いらぬ心配だったようですw沈に対しての恐怖心が無いのはバナナボートのおかげかな?

c0074116_21294785.jpg

改めてターンの練習からスタート。
さすがは、BG掛川!!開始してすぐにポロ艇にも順応しているようです!なかなかのパドル捌き!
自分もオチオチしていられません。
ターン自体はそんなに技術を要するものではなく、普段ブイを回るときの動作をコンパクトにそれでいて力強くしているだけのようです。
コレができるようになれば、普段のレースの時も利用できそう!
みんな出来るようになったかな?

次に<ドリブル>の練習です!
まずは左右で2~3人に別れ、10mぐらいの間隔をあけて向かいのグループに行く合間をドリブルで行き相手にボールを渡します。
ポロのルールでは「5秒ルール」と言うものがあり、5秒以上ボールを持ってはいけない(厳密には自分の1m以内だそうです)ので、コノ動作はかなり重要な動作になります。

ボールを受け取ったらすぐに自分の手前に投げます。またそれを取りに行く。
コノ繰り返しなのですが、ポールをキャッチする際にどうしても船が曲がってしまって投げた後のスムーズな発進ができません!
コツはパドルの力加減と早い動作!だそうです。(コッソリ練習しよう)
c0074116_21303529.jpg

次は<パス>の練習。
みんなで円状になり横の人にボールを投げて渡します。
ポロは360度どこでもパスを出せれるように、横投げが良いそうです。
ボールが大きいので子供たちは両手投げのほうが狙いも付けやすく飛距離もでそうです。

相手の胸をめがけて投げるのですが・・・自分も含めてなかなか上手く出来ません。
ポイントはカヌーの向きだそうです。
初めのうちは、ボールを貰ったらバウを投げたい人の方向に向けて体をまっすぐにすると命中率が上がります!!!

なるほど!確かにずいぶん投げやすいです!!
じょじょに体をヒネッタ投げ方にしていくと良さそうです。
c0074116_21312317.jpg


これで基礎的な練習は終了。バディ後列の人たちと交代です!
ポロ艇を乗った後では物足りないのか、レギュラーカヌーでも沈!
まぁ誰とは言いませんがF君・・・沈癖がつかないように、ネ。

さぁ後半組みも終わって練習試合開始です!!
試合は5対5でスタート!
最初にコートの中央に投げ込まれたボールを各チーム1名が全力で取りに行きます!
お父さんお母さんのギャラリーも増えてきて試合らしくなって来ました!!
試合にも熱が入ってくると、やっぱり出ました!沈没!!
試合中は自分の力でコートの外までカヌーを持っていかなければなりません。怪我しないように気をつけて!!
c0074116_21315783.jpg

10分間もやったらみんなバテバテです。
いつもの練習まじめにやっていなかったのでは?(笑)

最後にゴール無しでも小人数でも出来るゲームを教えてもらいました!
コレなら、すぐに出来そうですね。
c0074116_21324196.jpg


みんな疲れたのか片付けはのんびり気味でしたねぇ~早く片づけが出来るようになれば活動時間も延びるのでコレから協力して片付けも早く行いましょう!!

先生方おつかれさまでした。
カヌーポロ活動もこれで加速が付きました!随時活動報告していきますんでよろしくお願いします。
c0074116_21365877.jpg

本当に遠い所わざわざありがとうございました。
日本代表が掛川から出る日も近い!(かもです。)


                                       by.TAMIYA
[PR]
by bgkakegawa | 2007-09-23 21:23 | クラブ活動レポート

2007年9月16日(日)ネイチャーゲーム教室マリンスポーツ体験!

今日は朝からあいにくの雨空↓
僕自身中止にしようかかなり迷いましたが、
ネイチャーゲーム教室のみなさんは前回雨で中止になっていたんで、今回はなんとしてもやりたいなぁ~と思っていたら・・・雲の合間から青空が!
決行決定です。


予定の人数は40人。
掛川艇庫のほぼすべての艇を出すことになりました!
カッター・カヌー・タンディム・ローボート
さすがにこれだけ出ると壮観ですね。


人数も人数なので、3チームに分けて各担当指導員で受け持つ形で活動開始!


とりあえず、カヌーチームはパドルの練習!c0074116_21181830.jpg
この角度を変えるのが難しいっ!!それでも、さすがネイチャー!すぐにコツを覚えた様子。
乗り降りの説明も終わり、いざ水上へ→!!

あれ?さっきやった乗り方と若干違いませんか???

それでも水上に出ればなかなかのパドルさばき!!
他の船も華麗に交わしていきます!!スバラシイ↑
c0074116_2119111.jpg



一方、ローボートチームもまずは乗り方漕ぎ方の説明を初めにレクチャーします。
c0074116_2119204.jpg
えっ?後ろ向きに漕いで前に進むの?

と言わんばかりの目線です。(いや実際言ってたかな?)
ローボートは基本は漕ぎ手は後ろ向きに座り、方向はすべて舵を持っている艇長が操作します。
艇長さんは責任重大ですよ。心してください!w
後は掛け声も大事ですね。その点では心配ない用意です。
水上からは大きな掛け声が聞こえて来ました!!


さぁ一番大きなカッターはとりあえず船に乗ってもらい、船上で説明を受けます。
しっかり聞いていないと帰れなくなります。みんなしっかり聞いているようです。
大人数で乗るので仕事をしない人もちらほら…

c0074116_21201022.jpg
口じゃなくて手を動かさないと進みませんよーっ

無事ポンツーまで帰ってこれました!
でも、みんなあんまり疲れてない様子。協力して一人一人の力が軽減されたのかな?
さすがに日頃のチームワークが生かされましたね。
楽しく出来て何よりです!・・・指導員さんなんだか疲れていませんか?(笑)
c0074116_21203087.jpg



なぁあんてことをチームごとローテ-ションしていたら12時に!
自分たちが使ったものは自分たちで片づけをしましょう!!
カヌー・ローボートはみんなで担いで!「イチニっ!イチニっ!」

みんなの協力であれだけ出ていた船も綺麗に片付きました。
ご苦労様でございましたm(。。*)m

最後に元気な挨拶で
『ありがとうございました!!!』
久しぶりにいい挨拶だなぁ~とシミジミ。なんだか照れくさいです。



活動中は太陽も出て、なんと日焼けしました!また風呂が痛そうです(><;)
  
                                      by.TAMIYA

後日、ネイチャーゲーム教室から感想文をいただきました。
ありがとうございました。
[PR]
by bgkakegawa | 2007-09-16 11:21 | クラブ活動レポート

2007年9月9日(日)静岡県B&Gスポーツ大会(水上の部)竜洋

 今日は待ちに待った静岡県大会が竜洋で開かれる日、あいにくと天気は曇り空、朝のテレビニュースでは降水率が40から50%とのこと、雨が降らないよう祈る。
 8時15分市役所に全員が集まり、市のチャーターしたバスに乗り一路竜洋に向かう。
バスの中は早くも臨戦態勢、全員でシュピレルコールを上げ気勢を上げる。
 久保指導員から今日の注意事項と大会のメンバー発表が述べられ続いて永井指導員から竜洋に着いてからの挨拶指導がなされクラブ員全員確認する。9時20分頃バスは竜洋の大会会場に到着、すでに竜洋のクラブ員は集合しており、掛川クラブ員は早速相手方に挨拶し大会の準備に取り掛かる。
 10時から開会式、今大会の主催者(竜洋)である永田大会会長の挨拶、昨年の優勝者である掛川海洋クラブから優勝カップの返還がなされて式は終了。
c0074116_22102341.jpg

 今日の大会スケージュールはまず始めにカヌーレース、次にローボート、最後にOPヨットの順序で執り行う。このため出発召集係りは早速カヌー艇を湖面に準備、計測審判係りはテントを設営し、大会の準備が出来上がる。
 10時30分:カヌーの部、第一レース(小学生男子3・4年)がピストルの号砲とともにスタート、レース艇は上マークを回りゴールラインめがけて走りぬけゴールラインを切る、この頃になると天気予報のとおり雨が降り始め風も出てくる。出発係りは次のレースがスムースに進むよう準備を怠らないで次のレースに備える。
c0074116_22131527.jpg

 第一から第三レースの小学生男子はトラブル無く試合は進む、次の第四レースは小学生女子の部、このレースは掛川クラブ員のみの試合となる、しかし選手は一生懸命操船し、男子に負けないくらいのスピードでゴールラインを切った。
c0074116_22142345.jpg

 第五レースは小学生男子6年生、第六レースは中学生男子1年生の部が次々と行われる、
高学年になると艇のスピードも速くなり試合の進行も早くなる。
c0074116_2216235.jpg

 第七レースは中学生男子3年生の部、第八レースは高校生の部、このレースも掛川クラブ員のみの試合となる。
c0074116_2252219.jpg

 カヌーのレースも滞りなく終わり、艇を片付けローボートの準備に取り掛かる。
ローボートの準備が出来たところで竜洋、掛川のクラブ員は艇に乗り込みスタートラインに向かう。
 ローボート第一レースは(小学生・中学生混合)2艇で竜洋と掛川クラブ員との対決、号砲とともにスタート、掛川クラブ員は日頃の練習成果を十分に発揮、竜洋をリードしてゴール、陸上では応援団が気勢を上げ試合を盛り上げる。
c0074116_22212114.jpg

 第二レースも同じようなレース展開の試合運びととなった、竜洋はにわかメンバーの為、力を十分発揮できなかったようだった。
c0074116_21592373.jpg

 ローボートレースも終わり次はOPヨットを準備、この頃になるといい風が吹きヨットには絶好のコンデションとなる。選手は緊張気味で言葉少なくなる。
 OPヨットの部は掛川クラブ員のみの試合となり少しさびしい、竜洋のクラブは練習していないのかな、よい場所があるのに残念。
準備も整い第一レース小学生の部が号砲とともにスタート、しかし風が強いためスタートラインのブイを時間が過ぎてもなかなか通過できない、掛川では微風でしか練習していないのでこの風での上りが出来ないでいるようだ、クロスで風上に上っていくとヒールが怖いのかすぐに艇のスピードをとめてしまい、風上に上ることができないで、セールをシバーさせている。
そうこうしているうちに1艇はようやくコツを覚えたのか上マークをクリアしてランニングでゴール目指して走り抜けていく、もう1艇は上マーク手前でタイムオーバーとなりこのレースを終了。
c0074116_2223042.jpg

 第二レースは中学生の部、先のレースよりはましなスタートを切るがクロスの上りではなかなか風をつかんでスピードを付けられないでいる、ヒールがこわいのかすぐに舟を風上に立ててしまう、それでも何とか上マークをクリアし、後ろから風を受けランニングで風下ゴールを目指して走り抜けた。
c0074116_22563865.jpg

 第三レースは高校生と指導員の対決となる、この頃になると風も少し右にシフト、レース2艇
はきれいに号砲とともにスタートを切る、さすが高校生と指導員、見学者にセーリングの見本を見せる。
上マークまではクロスの上りとなり2回ほどタックして上マークを回る、先に上マークを回ったのは高校生、タックの差で先行し下マークゴール目指す、ゴールまで2艇はデットヒートを繰りひろげ、わずかの差で高校生が先にゴールする。この差は体重の差か、技量の差か?
c0074116_2225236.jpg

 午前中ですべての競技が終了し、このあと楽しい食事時間となった。
13時30分より閉会式を行う。カヌーの部、ローボートの部、OPヨットの部の各レースの表彰とメダル授与が取り行われる、審判員より掛川クラブ員がカヌーでマークタッチがあり失格となった選手がいたと報告がある、1位でゴールしたのに残念(この場合はマークをもう1度回れば失格にならない)この次はマークタッチに気をつけよう。
c0074116_22273416.jpg

 今年の大会総合優勝は掛川海洋クラブ、優勝杯を大会役員から授与され本大会を終了した。
c0074116_2228613.jpg

 本大会の役員、指導員、保護者、選手の皆さんご苦労様でした。(T/M)
[PR]
by bgkakegawa | 2007-09-09 21:43 | クラブ活動レポート

2007年9月2日(日)(9:00~12:00)海洋クラブ(大東)

 今日は曇り、学校も始まり子供達もまだ夏休み気分が抜けきらないよう、
天気も曇りなのか今日の朝はいつもの夏スタイルでは肌寒いくらい、秋はもう近くまできているのかな?
 依田指導員の下、海洋クラブ員14名の活動となる、久方ぶりに出席したメンバーもあり話がはずむ。
 県大会も来週に迫ってきたので今日はローボート(2艇),OPヨット(5艇)をだして練習
前半はコースを設定し、ローボート,OPヨット共大会を想定し、スタート練習を行う、後半もメンバーを交代して同じ練習を行う。
c0074116_1636549.jpg

 ローボートはスタートラインをいかに上手にスタート出来るかで勝負が決まるので何回も練習し呼吸を合わせる、OPヨットも最初のコース取りで順位が決まるのでそれらを踏まえ練習をかさねる。最後には何とか納得の行くスタートが切れるようになる。

c0074116_16365153.jpg

 竜洋は海岸端なのであまり風がシフトしない、大池及び大東よりそこのところは楽と思う、風の強さは竜洋の方があるのでセールのトリムに注意する必要あり、又風の吹いてくる向きによりブイをかわすためのタックするタイミング、スタートをどの位置にしたら最短距離を走ることが出来るか、そこらのことを考えて当日レースに臨んでくれればよい結果が出るでしょう。(T/M)
 
[PR]
by bgkakegawa | 2007-09-02 16:37 | クラブ活動レポート

2007年8月26日(日)(13:00~16:00)第4回ヨット・カヌー教室

 ヨット・カヌー教室も今日が最終日の四回目となる。教室参加者も今日は最終日となるので全員揃うかと思いきや、参加者は前回に続き半分くらいちょっと気抜けする。
久保指導員の下、準備体操、ストレッチを行い体の準備をする。

 今日はOPヨットを出しての練習、T指導員が作成した船台の上にOPヨットを乗せヨットのシュミレーションを行い、ヨットが風上に上る原理及びOPヨットの各部の名称等基本的な説明を行う。
教室参加者もヨットシュミレーターに乗り、陸上にてヨット操作の基本を覚えてもらう。

 陸上での基本操作が済んだところで早速ヨットを出しての練習を行う。まずは舟の艤装、センターボードをセンターケースに差し、舵を船尾に取り付け、マストを立てセールにスプリットポールを差込みセールカーブの状態をみる、最後にメインシートを滑車にセットして完了、各人ヨットに乗り込む。
 今日は初心者向きの風なので思い思いにヨットに風を受けて帆走している。 大池は風の向きが一定していないので風を掴むのに苦労している、何とか前半を終了してポンツーンに帰ってくる。
 
後半も交代してのOPヨットでの帆走練習を実施、小学の低学年生は体力が無いので指導員が一緒に乗っての指導を行う。

 最後は全員で後片付けを行う、教室修了者には市のスポーツ振興室主任より記念品の贈呈がありヨット・カヌー教室を無事終了した。(T/M)
 
[PR]
by bgkakegawa | 2007-08-26 22:32 | クラブ活動レポート

2007年8月26日(日)(9:00~12:00)海洋クラブ(大池)

 今日も朝から太陽が照りつけ暑い日となった。
宮崎指導員の下、準備体操をしっかりやり体をほぐし準備を行う。
c0074116_21143868.jpg

竜洋(磐田市)での県大会もまじかになってきた為、カヌー、ローボート、OPヨットを出してコース場での練習を行う。
c0074116_21152731.jpg

 ローボートは艇長と漕ぎ手の呼吸が合わないと舟のスピードがつかないので特にそのことに注意し、声を出して呼吸をあわせ練習をおこなう。
OPヨットも風の来る方向の確認、セールとシートの出し入れを行い艇のスピード等チエックしコース場を走り練習する。
カヌーはスタート時のダッシュでいかに艇のスピードをつけるかで順位が決まってくるのでそれらをふまえ練習を行う。
練習も充分行ったところで最後はバナナボートを出して水遊びを行い最後の夏休みを楽しむ。
片付けは午後からヨットカヌー教室があるのでローボートのみ片づけし、今日のクラブ活動を無事終了した。(T/M)
[PR]
by bgkakegawa | 2007-08-26 21:55 | クラブ活動レポート

07年8月19日(日)(午前9:00~12:00)第3回ヨット・カヌー教室

c0074116_23103930.jpg■今日は3回目、今までのカヌーやローボートに比べると、舵とセールの操作を同時にしなければならない、格段に難しい種目に挑戦だ。 最初は大変だが、醍醐味があるのでハマル人は多い。指導員も力が入る種目。 まずはラジオ体操で体をほぐし、指導員も気持ちをティーチングモードに持っていく。

c0074116_2311458.jpg■さあ、始めよう。 ここで今年初お目見えのOPシミュレータ。 舵を操作すれば自動で船の向きが変わるというもの。 自動とはもちろん他の指導員が押すということ。 これで、少なくとも頭では舵を切ると、船の向きと、セールの風の受け方が変わることを理解し、風の受け方(タック)が変われば自分の場所も変える。 またそのときのティラーとシートの持ち手の 
c0074116_131964.jpg交換方法も理解する。 これを受講生全員が行ったが、このシミュレータの威力は後ほど知ることになる。

■青い水面とそれを囲む緑の森、ホレボレとしてしまうこの景色に、見上げれば水色の空にところどころポッカリ浮かぶ白い雲・・・・・。 今日も暑い! 水分補給して、ライフジャケットを着てさあ行くゾ。 OPは5艇しかないのでローボートのローテーションで行う。

■受講生総出の図
c0074116_23245277.jpg

c0074116_23272640.jpg■自信がない人には指導員がマンツーマンでつきました。
c0074116_2329160.jpg■ローボートでの場所交代。 腰を落として、重心を低くして、お互いそっとすれ違う。 基本ができていますね。
c0074116_22492835.jpg■初心者にとっては、何をすれば良いかわからなくなってしまい、風に翻弄されるのが多いのですが、みんな意思をもって操船できているので、早速レースをやってみました。 もちろんルールは説明していないので、こっちのブイの周辺からスタートして向こうのブイ
c0074116_23472365.jpgを反時計に周り、こっちのブイの近くに戻ってきたらゴールという微笑ましいほどのあいまいルール。 11時を回ると風もだいぶ上がってきました。それにつれ、風向きも徐々に変わってきたところで、ガマンのクローズドホールド。
c0074116_152948.jpg■早めに終えた親子君、救助艇の上でみんなの操船を見ながら反省会。



                    <報告HN>
[PR]
by bgkakegawa | 2007-08-19 22:41 | クラブ活動レポート