07年8月19日(日)(午前9:00~12:00)第3回ヨット・カヌー教室

c0074116_23103930.jpg■今日は3回目、今までのカヌーやローボートに比べると、舵とセールの操作を同時にしなければならない、格段に難しい種目に挑戦だ。 最初は大変だが、醍醐味があるのでハマル人は多い。指導員も力が入る種目。 まずはラジオ体操で体をほぐし、指導員も気持ちをティーチングモードに持っていく。

c0074116_2311458.jpg■さあ、始めよう。 ここで今年初お目見えのOPシミュレータ。 舵を操作すれば自動で船の向きが変わるというもの。 自動とはもちろん他の指導員が押すということ。 これで、少なくとも頭では舵を切ると、船の向きと、セールの風の受け方が変わることを理解し、風の受け方(タック)が変われば自分の場所も変える。 またそのときのティラーとシートの持ち手の 
c0074116_131964.jpg交換方法も理解する。 これを受講生全員が行ったが、このシミュレータの威力は後ほど知ることになる。

■青い水面とそれを囲む緑の森、ホレボレとしてしまうこの景色に、見上げれば水色の空にところどころポッカリ浮かぶ白い雲・・・・・。 今日も暑い! 水分補給して、ライフジャケットを着てさあ行くゾ。 OPは5艇しかないのでローボートのローテーションで行う。

■受講生総出の図
c0074116_23245277.jpg

c0074116_23272640.jpg■自信がない人には指導員がマンツーマンでつきました。
c0074116_2329160.jpg■ローボートでの場所交代。 腰を落として、重心を低くして、お互いそっとすれ違う。 基本ができていますね。
c0074116_22492835.jpg■初心者にとっては、何をすれば良いかわからなくなってしまい、風に翻弄されるのが多いのですが、みんな意思をもって操船できているので、早速レースをやってみました。 もちろんルールは説明していないので、こっちのブイの周辺からスタートして向こうのブイ
c0074116_23472365.jpgを反時計に周り、こっちのブイの近くに戻ってきたらゴールという微笑ましいほどのあいまいルール。 11時を回ると風もだいぶ上がってきました。それにつれ、風向きも徐々に変わってきたところで、ガマンのクローズドホールド。
c0074116_152948.jpg■早めに終えた親子君、救助艇の上でみんなの操船を見ながら反省会。



                    <報告HN>
[PR]
by bgkakegawa | 2007-08-19 22:41 | クラブ活動レポート
<< 2007年8月26日(日)(9... 07年8月12日(日)(午後1... >>