06年09月17(日) 指導員研修(カヌーポロ練習)

遂に大池でカヌーポロ実現にこぎつける!毎年少しづつ艇を増やし、乗船練習を行ってきたが今年は遂にM指導員手作りゴールも一基完成(来年度にもう一基)。今日はルール確認も含め、試合形式での研修を行う。
c0074116_3532515.jpg

本来は5対5だが、今回は人員都合で3対3とする。なにはともあれ早速試合だ~。審判の笛の合図と共に投げ込まれたボール(水球用)を取りにパドルを渾身の力で漕ぎ出す。ボールをつかんでいられる時間は5秒であり、他へのパスまたは前方に投げ自分が追いつくサッカーで言うドリブルを行う。
c0074116_3543218.jpg


カヌー乗船姿勢で上半身だけを使ってのパスはなかなか難しい。高い位置から放り出すと重心が大きく変わるため転覆しやすい。サイドからの投げ方が安定もいいようだ。

エスキモーロール一発!で復元したいところだが、パス時にはパドルを放しているため、転覆→水中脱出→救助艇引き上げ→再スタートの選手が続出。まともに3対3の場面は半分ほどか?前後10分の間にハーフタイム3分の時間でもかなりの運動量である。

c0074116_355155.jpg

又、水入りを防ぐため、カヌーコクピットと腹部を覆うためのスプレーガードを使用しないとターンの際に少しずつ水が入り、アレ!と思ったときには水舟であえなく転覆の場面もあり。
救助艇スタッフも大忙しである。
c0074116_3552439.jpg

 知る人も少ないマイナーなスポーツだが、素早いスタートや転覆時の復元動作のエスキモーロールなど、カヌーの基本技能の向上には有効な競技だ。親水性スポーツの一つとして今後の普及が期待される。指導員の更なる技量向上がまず先決ですね。次回研修も良い汗を。(TK)
[PR]
by bgkakegawa | 2006-09-21 03:56
<< 06年9月24日(日)(午前9... 06年9月10日 AM海洋クラ... >>