2006年7月1~2日ヨットリーダーズ研修IN三ケ日2回目

前回に続き、天気予報は2日共雨!ずぶぬれ覚悟で13:00に三ケ日青年の家ハーバーに到着。たまに小雨程度で、天気はもちそうだ。まず、スナイプ艇の艤装から開始。マストは棒立ての要領で、風下で1人が根元を持ち風上の人が風の力を利用して跳ね上げる。棹立ちしたマストを船体の固定部へ差し込むのはかなかコツがいります。艤装中に横風で艇がひっくり返らないよう風上に舳先(バウ)を向け、メイン、ジブの各セールを一度張り確認しタタむ。「水上に出る前に各部の確認を自分の目で行う」水上へ出る前の大切な作業です。
c0074116_4354318.jpg
4~5mのちょうど良い風の中、講師スキッパー、受講生クルーの練習開始。タック時の体の動きがいまひとつだが、だんだん楽しくなってきた。今度はいよいよ、受講生2人だけでの操船に。悪戦苦闘する艇もあったが、皆さんヨットの楽しさを満喫した様子。

c0074116_451636.jpg








各艇、沈も無く、無事帰港し解装を行い昼の訓練は終了。

c0074116_51823.jpg 夕食後2時間。ヨットレースでのルール中心に講義を聴講。帆の出ている方向でも、優先艇が変わる場合もあるなど、国内審判員の講師から実践的&複雑なお話を聞き、少し頭も疲れ気味?
翌朝は小雨降る中と思っていると、開始の8:30にはあがった。ついている、と思いきや。今度は白波が立つ強い風に!1人乗り、シーホッパー体験希望者は、皆さん一度は沈(ひっくり返り)浜名湖にドボン!講師の方の中には半沈(横倒し)した際にも、艇を駆け上がりセンターボードにヒョイと乗り移り、体重を利用し艇が起き始めるとまた掛け戻り一度も水に触れることがない妙技を披露する身軽な方もおり。スゴイ!風も10m程になったため、11:30には早めのお昼に。
c0074116_524463.jpg

午後は風が収まり、出港準備に取り掛かる。今回は講師スキッパー、クルー受講生の組み合わせでのレースを行う。出港直前、再び風が強くなり各艇苦労しながらレース水域へ。背中が水面につくくらいのハイクアウト(艇より外に体を飛び出させる)も見せながら。レースは終了。講師会長艇はやっぱり早い!c0074116_5342999.jpg
c0074116_603643.jpg
解装を行い。各部の洗浄。特にブロック(滑車)類は稼動部を動かしながら充分塩分を洗い流す。終了式では県からの青少年初級指導者の認定書を、三ケ日青年の家、岡本所長よりいただく。又、今回お世話になった、ヨットリーダーズクラブの会長より、受講者は同クラブの入会資格がある点説明を受け6/10名の受講生が同クラブに加入。掛川指導員の3名はB&Gの活動も考え、残念ながら今回は加入しなかった。ヨットリーダーズクラブの皆さんには、本格的なヨットの楽しさを教えていただき大変おせわになりました。なごり惜しいが、日も差しさわやかな風の中、掛川への帰路についた。Thank You! クボ
[PR]
by bgkakegawa | 2006-07-03 05:59 | リーダー研修
<< 2006年 6/17-18 &... 載りました(^^) >>