'05年1月22日 七草粥ウォーキング

今回のクラブは掛川市が主催している4時間ほどのウォ-キングに参加しての活動。参加はクラブ員6人、お母さん2人、指導員2人の9名。9時半集合13時半解散でした。



2005年1月22日 電車がつくと人があふれ出てくる。駅の前は大勢の人がいて、テントの前では申し込みの列ができている。
さあ、集合はここだが仲間はきているのかな?・・としばし探し回って、参加予定者は遅刻も無く全員集合。

申し込みを終え、地図やバッジ、なんかのパンフレットとお母さんが用意してくださったお菓子をかばんに納め、まずは西に向かって資生堂アートセンターへ。
c0074116_036321.jpgアートセンターでは彫刻、絵画見学をしてのしばし休憩。外のお庭踏み石もトライ。イタイイタイ言って歩く子もいれば、平気で歩く子もいる。足の裏をどう刺激すればいいかをプチ研究してはアーダコーダとお互いにまあ色々。さあ、再出発(写真)。
お庭踏み石をやった子供達は体が暖かくなり足が軽くなったとテンポがアップした。
富士見台に向け徐々に上り坂に。ゴルフ場を通るネットのトンネルではネットの上に乗っているゴルフボールはどうしたら取れるかの意見交換しながら歩く。中古ボールはいくらでどこで引取ってくれるなど、子供達は良く知っている。そんな話しどこで仕入れるんじゃろか。。c0074116_041306.jpg
富士見台に到着。
その名の通り富士山が良く見える。ここではお茶がサービスされていた。 ウーン深蒸しの静岡茶。地元だけあってしっかり出していてケチッていない。ごちそうさまでした。

ここからから東へのコース。しばらく下り、また上りと、ゆるやかな山谷を抜けていく。子供達もちょっと飽きがきた様子。コースにたっている係りのひとに「あとどれぐらい?」と聞くことしばしば。
コースの3分の2を終えたあたりが陣場峠。かつてさる武将が陣を張ったところだそうで、歴史大好きのM君なら常識というところ。こぎれいな林なので、ここで休憩をと決めていた人も多いみたい。適当に空いているところでお菓子をひろげて休憩。ビスケットにチョコ、アメ、おせんべ。他にも云々。思い出せないがこれらが小袋にしっかり詰まっていて実に幸せな袋でした。
さあ、全員一列になって陣場峠を下りればもう町の中。歩道を歩いて交差点では横断歩道をわたり、・・・アレレ後ろがいないぞ。 と待っているとお腹が空いた子がコンビニに寄道して姿を現した。街中の家の前の花鉢を見ながら歩けば、到着地の掛川城がだんだん大きくなる。お城の下の広場に到着。
このウォーキングの名前でもあり、集客動員の原動力である、お約束の七草粥をいただく。 適度な塩味、米粒もまわりがぼんやりと溶け、柔らかく仕上がったお粥。散らばっている緑はそれぞれ何の七草かわからないが、お腹にしみ込んだそれは春が間近に来ていることを感じさせてくれました。
なんてこと、今思い出せばそういうことを感じながら食べるべきだったと思うけど、そんなことより空いたお腹に流し込むことが先だった。ゴッツァン。

せりなずな、ごぎょうはこべらほとけのざ、すずなすずしろこれぞななくさ。
子供達はみんな知っていました。感心感心。
(報告:N指導員)
[PR]
by bgkakegawa | 2005-01-23 00:43 | クラブ活動レポート
<< 2005年度クラブ員募集